リフォームローンのご案内
ご存知ですか!?住宅用火災報知機の設置が義務付けられます
ご存知ですか!?各種補助助成金の案内
住宅瑕疵担保履行法対応!財団法人住宅保証機構
住宅瑕疵担保履行法対応!ハウスプラス住宅保証株式会社
ブッククロッシング レンタルスタジオ

リフォームのコツ

一口にリフォームといっても、自分でできる修繕から大規模なリフォームまで様々あります。

予算や工期を押さえ、建物を活かして手軽に改善を図る小さなリフォームか全面的にやり変える大きなリフォームかの見極めが大切です。

内装リフォームについて

内装リフォームのポイント

内装の点検や修繕(メンテナンス)は比較的簡単に行えるので、早めのお手入れで住まいの寿命を伸ばす事ができます。

間取り変更を伴うようなリフォームは、家族の年齢や環境を考慮し、実施時期にめどをつけておけば資金計画もスムーズに立てられるのではないでしょうか?
内装リフォームの施工事例はこちら

クロス張替えの目安

材質
特徴
点検項目・時期
ビニールクロス
耐水性に優れお手入れも簡単ですが、結露やカビにご注意。最近では、防カビ、結露防止、抗菌といった付加機能がついた素材も出ています。 汚れ以外に、剥がれてきたり、目地が目立ちやすいようです。早くて5年、通常10年くらいで貼り替えを行う場合もあります。
繊維クロス
高級感のあるものやデザイン的に優れたものが多いようですが、耐水性に劣り汚れがつきやすいので注意が必要です。 手あかなどの汚れは、消しゴムで軽くこすって落とせます。クロスのほつれは根元からハサミで切り取ること。お手入れに水気は使用しないようにしましょう。

外装リフォームについて

外装リフォームのポイント

外壁材には、モルタルの上に塗装をしたパターンやサイディングのパターン、その他様々な外壁材がありますが、何年か経つとクラック(ひび割れ)が目立ってきます。
なぜこのクラック(ひび割れ)が入ってしまうのかは、地盤のゆれ、構造材のむくみやそり、モルタルなどの伸縮、老朽化、等々非常に多くの問題が絡み合って発生しています。
放っておくと、そこから雨水が入り込み、雨漏れの原因や外壁の間にある構造材を腐らせたりと、被害は放っておけば放っておくほど、建物は老朽化していきます。
確かに、マメな塗装メンテナンスをすることが建物の寿命を延ばす事になりますが、市販で普通に売ってる変成シリコン材でご自身でも簡単ひび割れを修繕することが出来ます。
このように、マメに手入れすることで、モルタル(ひび割れ)の補修費や塗装費を削減できます。
外装リフォームの施工事例はこちら
部位・築年数
5年目まで
5〜10年位
10年以上
全体
日頃のお手入が肝心

簡単に修繕できる部分は、傷みやキズを発見したらすぐに修繕するよう心掛けましょう。
リフォームの発生

そろそろ傷みや汚れが目立ってきます。日曜大工補修の難しい箇所は業者に頼みましょう。
所によって腐食発生

築年数が進むにつれ、構造も傷み始めます。大掛かりなリフォームが必要な場合もあり。
屋根
※自分では出来ないのが屋根のリフォーム。
  業者による定期的な点検をお勧めします。
瓦系 瓦の割れ、ズレの点検
金属系 さびの点検
さびが目立ち始めたら早目に塗り替え
化粧
スレート系
スレート瓦の割れ、ズレ、退色、汚れの点検
7〜10年経ったら、塗り替えて美観回復
雨樋
落ち葉点検(詰まっていれば取り除く) ジョイント部の雨漏り、樋の割れの点検 退色や破損があれば交換時期
外壁
(サイディング)
割れ、汚れ、さび点検、シーリング打継ぎ 5〜10年程度経ったら、塗り替えとシーリングの打ち替えを検討
リフォームのコンセプト池末工務店の特長リフォームのコツ施工事例リフォームの流れよくある質問会社案内お問合わせ
住宅用火災警報機器設置についてリフォームローンのご案内補助助成金制度集まるーむサイトマッププライバシーポリシー
株式会社 池末工務店
〒553-0006 大阪府大阪市福島区吉野3丁目27番7号
TEL:06-6461-6418 営業時間:9:00〜17:00(日・祝日休み)